膿を出したニキビの跡が治らない

油っぽい食事やスナック菓子、スイーツなどを食べすぎてしまった数日後に、顎のあたりにニキビができてしまいました。

 

直径3ミリほどの小さなニキビですが、意外と目立っていました。

 

赤く腫れあがり化粧をしても隠すことができないほど膨らんでいたので、ニキビの中心の芯のようなものを出そうと指で押し出してしまいました。

 

今まではこの方法で、ニキビ跡もできずに完治していたからです。

 

ニキビから膿のようなものと血が同時に出て、ニキビそのものは小さくなったので「数日たてば目立たなくなるだろう」と放置していたのですが、いつまでたってもニキビ跡が戻らずに見た目の印象も悪くなったので「どうにかしなければいけない」とニキビ跡ケアをし始めました。

人気の化粧水リプロスキン

私がニキビ跡を消すために使用したのは、ニキビ跡後専用化粧水の「リプロスキン」です。

 

この化粧水を知ったのは美容系のブログサイトです。

 

私のように、ニキビ跡で悩んでいる人が、この化粧水を使ってきれいな肌に生まれ変わったとの口コミがあったからです。

 

「リプロスキン」はモニターの満足度が高いこと、ギリチルリチン酸ジカリウムと水溶性プラセンタの有効成分が配合されており、化粧水なのに、医薬部外品なので効果が高いと感じました。

 

しかも、添加物不要の無添加化粧品なので毎日使うのも安心して使えます。

 

また、通常ニキビ跡を治す化粧品は皮脂を抑える商品が多くさっぱり系のものが多いのですが、リプロスキンは肌に潤いを与えることにより肌を柔らかくする、導入型柔軟化粧水であることも魅力でした。

二本目を使い切って頃に効果を実感

一日二回朝と晩に「リプロスキン」をお肌にたっぷりと塗布しました。

 

最初は、肌全体が保湿されている感じでニキビ跡に効果があるというよりは、お肌全体が良くなるという感じでした。

 

一本使い切ったところ、ニキビ跡の赤みはなくなりましたが、まだまだニキビ跡は残っていました。

 

「効果がないのかな」とやめようと思ったのですが、口コミなどを見てみると「続けていると効果がある」と書かれていたので信じて使い続けました。

 

すると、二本目が終わろうとした頃に変化が現れました。

 

ニキビ跡が薄くなってきたのです。

 

結局、リプロスキンを三本使い切ったところで完全にニキビ跡がなくなりました。

 

お値段的には少々高めだと感じましたが、美容皮膚科に行くよりは安い金額で綺麗に治るので価値があると思います。